きまぐれ だいありぃ

やっぱり宝塚が好きなのです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/10(金)放送 フジテレビ「指先でつむぐ愛」を見ました。
手話に興味を持っていて、前から習ってみたいと思っているのですがなかなか機会が…
このドラマに出てくるのはは手話ではなく、指点字ですけどね(笑)
全盲聾(耳も聞こえない、目も見えない)の夫、福島智さんとの生活を妻光成沢美さんが書いた「指先で紡ぐ愛」が原作。
前に何かのテレビでご本人の事を見たことがあるので、興味があってこのドラマを見てみました。
耳が聞こえない人のコミュニケーション手段というと、手話や読唇、筆談などが思い浮かびますが、
盲聾の場合、ぱっとコミュニケーション手段が思い浮かばない…
このドラマでは両手3本ずつの指を押して、伝える「指点字」が出てきます。
「福島さんの実生活に合わせてなんとか式の指点字を使いました」って書いてあったので、色々種類があるんでしょうか…
一文字一文字伝えるので、かなりのスピードでできないと、会話を成立できないみたいです。
お互い両手を使うので、食べながらとかはなかなか難しそうで、主人公の光成さんが、福島さんの通訳を始めた頃の四苦八苦ぶりが印象的でした。
講演会などでも、福島さんは会場の様子がわからないので、通訳さんが、ウケてるとか、スベッタとか伝えていました。
絶妙のコンビネーションでした。

ドラマの最初の方で、光成さんのお友達が「助けてあげなければ」みたいな台詞をいいます。
結婚を報告する時も、「頑張ってとは言えるけど祝福はできない」とか…
それに対して光成さんはしっくりこない顔をしてました。
私も障害者に対して何かしてあげなきゃみたいな考え方は何か変じゃないかなと思っているので…

感動シーンは結婚式の後、野際さん演じる光成さんのお母さんが福島さんに指点字で話すシーンです。

笑いあり、涙ありのドラマで、率直に楽しかったです。
再放送とかもあると思うので、チャンスがあったらどうぞ…
スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://chocolatechocolate.blog16.fc2.com/tb.php/155-2c2b14c4
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。