きまぐれ だいありぃ

やっぱり宝塚が好きなのです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは、舞台の感想に参りたいと思います。

前回23日にかしげアンドレで見た時は母が一緒だったので、私の状態が悪かったのかはっきり言ってあまり話に入り込めず、不完全燃焼でした。
母に楽しんでもらいたいという気持ちが先にたって、そっちが気になってしまったみたいで…
でも、今回は宝塚ファンの友達と宝塚トークに花を咲かせながら観劇に向ったので、凄いいいテンションで観劇する事ができました。
また、千秋楽ということで、トウコさんをはじめ出演者の皆さんも客席も凄く良い雰囲気で、「舞台は生もの」というのを実感しました。

それでは、今度こそ感想行きます。
いつもどおりネタバレありです。
前回と同じ事を書いているところもあるかもしれません。
幕開けのトウコさんが出てくる所から、視線はトウコさんに釘付け!
鬘はポスターなどのとはまた違った感じで、トウコさんに似合っていたと思います。
お化粧がしっかり目だなと感じました。
幕開けでアンドレ役が唄う「白きばーらー♪」という歌大好きなんですがトウコさんが唄うとさらにいい!

次の、アンドレがジャルジェ家に初めて来るシーン。
ジャルジェ姉妹の長女、愛さんが…頑張ってる
唄、お上手なのに声を作らなきゃいけないのか微妙だし
でも、その後大人になってからの姿は大好きですよ♪
かしげジェローデルかっこいいですね。
内に秘められたオスカルへの愛が!!

衛兵隊の最初のシーン。
壮君がいる事が新鮮でした(笑)
1人変わるだけで数人の人が台詞変わると思うので、大変なんだろうなぁ。
かなめちゃんの髪の色が茶色くなったかなと思いました。
前回は真っ黒だった気がするのですが…

ロザリーと仮面オスカルたちの場面。
前回は、仮面オスカルが出てくる事にビックリして終ってしまったのですが、
今回はゆっくり観る事ができました。
あのシーン結構好きかも。

衛兵隊と家族の場面。
「栄養失調」と言っちゃって焦るキムちゃんがかわいい!
前回も思った事ですが、「着る物もないの!」といいながらディアンヌちゃん結構いいもの着てるじゃん(笑)
ボロ風の着てたら見栄えが悪いからなんだろうけど…
衛兵達が心を開く所の「栄光あれ♪」という唄いいですねぇ。
今回はしっかり心に響いてきました。

(ルルーちゃんとアンドレのくんだりはコチラ参照)
あっと言う間に愛の肖像。
トウコさんの台詞のひとことひとことがストレートに伝わってきました。
ペガ子そっちのけでトウコさん見てました(笑)
前回はペガ子の動きに圧倒されたのですが、今回は集中して見られました。
立ち見のバーの下から見て、ペガ子と目線を合わせる努力をしてみました(笑)

長くなってしまったので、2幕は別にしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://chocolatechocolate.blog16.fc2.com/tb.php/196-c2e8405d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。