きまぐれ だいありぃ

やっぱり宝塚が好きなのです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらながら、オクラホマの個別感想に行きたいと思います。
全体感想?はこちら
カーリー:轟 悠
登場から、若いな~と思ってしまいました(笑)
カウボーイの役なので、かなり若い設定なんですよね。
トドさんといえば、渋いイメージだったので、
若々しくて明るいカーリーを見て、最初は「え?」って思ったのですが(笑)
すぐに入り込めました。
さすがトドさんだと思いました。
若々しいカーリーがお似合いでした。
カーリーは、ローリーが好きなのに、素直になれず、
売り言葉に買い言葉でいつも喧嘩ばかり…
しゃべるテンポや、細かい仕草が上手かったです。
いざという時は、ローリーへの愛を前面に押し出す姿がよく出ていました。

ローリー:城崎あい
あいちゃんは、勝気な女の子ローリーが可愛かったです。
あいちゃんは、こういう役の似合う娘役さんだなぁと思いました。
ジャッドを怖がる所では、女の子のはかなさが凄く出ていました。

ジャッド・フライ:霧矢 大夢
ジャッドに関しては、先日いろいろと書いてしまいましたが…
きりやんの演技は素敵でしたよ♪
渋いきりやん大好きです!
ひくーい声で、押し殺した雰囲気でした。
ショーでは、一転して、明るくかっこよーく踊っていました。
スポンサーサイト

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://chocolatechocolate.blog16.fc2.com/tb.php/328-da5fc19e
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。