きまぐれ だいありぃ

やっぱり宝塚が好きなのです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャツビーの感想もまだまだ書きたいのですが、
花の全ツの感想も忘れないうちに書き始めようかと思います。

最初は観るつもりじゃなかったのですが、
まとぶんのアランがまた観られる!
しかも、ショーがエンター・ザ・レビューということで行ってしまいました。

星のベルばら2001は、宝塚を見るようになって、初めてNHKで見た作品です。
当時、宝塚のビデオ・映像を全然持ってなくて…
その時撮ったビデオが私の唯一のヅカ映像だったので、
ビデオがボロボロになるまで観ていた思い出があります。
その時のアランがまとぶん。
目つきがするどくて男くさくて、かっこよかった!

というわけで、花のベルばら。
激辛注意報発令なので、追記にします。


【web拍手】もしよければ、拍手やコメントなどお待ちしております。
↑悠河さんのお茶会のお知らせがちょこっと書いてあります。(変更あり)
オープニングからビックリ。
小公子が登場するのは一緒だし、歌詞もなんだか同じような感じなのに、
メロディーが微妙に違う…
その後の歌も新曲らしく、「ベルサイユ」連呼…でもなんかもともとある曲に雰囲気が似ている…

これが「外伝」なのか…

隻腕のアラン・ド・ソワソンは憂いを帯びていて、醸し出している雰囲気がかっこよかった。
でも、なぜかディアンヌの幽霊が出てくる…(笑)
というか、ディアンヌは幽霊でしか出てこないことにビックリ……

アラン編だから!と期待していた、
「ディアンヌが死んだ後に家に閉じこもったアランの所に、オスカルがやってきて、
ディアンヌにブロンドを切ってあげる場面」(月組オスカル編)
そういうことがあったという説明台詞のみで、実際の場面はなし。
おなじみの「バスティーユに白旗が~」もなし。
戦闘場面には、アランもオスカルも出てない(笑)

アランとアンドレの絡みが結構あって
アンドレの目が見えないのがバレるシーンや、
アランが衛兵隊のみんなにアンドレの目が見えないのがわかるようにしてパリには行くなという場面とかがあったのは、
うれしかったです。

今までにやった場面はカットになるんだったら、アンドレ編だと何をやるんだろうかと心配になってしまいます。

なんか、グチっぽくなってしまったので、次は出演者の感想にしてみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
NoTitle
こんにちは。
blog「♪Cosmos Melody♪」を書いてるえりつぃんです。
この度、HNを変更させていただきましたので、リンクに私の名前を書いてる方は変更お願いします。
コピー文になってしまい、大変申し訳ございません。
改めて、これからもよろしくお願いします。
2008/10/24(金) 12:44:27 | |えりつぃん #dPVrsG.k[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://chocolatechocolate.blog16.fc2.com/tb.php/767-817c3970
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。